27

7月 12

ロンドン五輪とストラト

こんにちは、フジヤマの澤井です。今日27日からロンドン五輪が始まります。事前にリークされている情報だと開会式はブリティッシュロックのオンパレードなので、楽しみです。

さて、フジヤマの真空管アンプ「BluesClassic」と最高に相性のいいストラトとロンドン五輪をかけて、なにかブログを書けないかと思いました。イギリス出身のギタリストでストラトといえばエリック・クラプトンを想像するかも知れませんが、ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズやクリームの時はレスポール、335、そしてSGなんですよね。クラプトンの後任でブルース・ブレイカーズに入ったピーター・グリーンは、インタビューの中でクラプトンと同じくレスポールを買ったと言っています。クラプトンがストラトを弾くのは70年以降です。

50年代や60年代は、アメリカのギターは輸入制限になっていたと思いますし、ドイツのヘフナーとかヨーロッパ製のギターが多く流通していたようです。

で、ジミ・ヘンドリックスが英国デビューするまで、イギリス人にとってストラトのイメージは、ハンク・マーヴィンの赤いストラトじゃないかと思います。

イギリスのギタリストにとってハンク・マーヴィンは本当に神様の存在で、彼へのトリビュート・アルバムにはリッチー・ブラックモア、ブライアン・メイ、トニー・アイオミ、そしてピーター・グリーンなど凄いメンバーが弾いているんです。次回はこのアルバムの事を書きます。

Share on TwitterShare on TumblrShare via email

No comments yet, be the first.

コメントを残す